便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

便秘薬の豆知識・種類や特徴は?

下剤の種類
便秘になったら、腸内環境を改善して、
自然に排便出来るように努力することが大切です。

と言っても、これはなかなか簡単なことではありません。

ですから、便秘を解消するために、
便秘薬を利用している方も少なくないでしょう。

便秘薬には、

  • 即効性のある刺激性下剤
  • 腸内環境を整える整腸剤
  • 腸の負担を軽減しながら排便させる機能性下剤

 

などの種類があります。

一般的な便秘薬と言えば刺激性下剤で、
市販の便秘薬の7割はこのタイプです。

◆刺激性下剤の効果
大腸や小腸に刺激を与えて、
蠕動運動を活性化して便を排出させます。刺激を与えるため、
腹痛や下痢を起こすことがありますが・・・

効き目がすぐに現れるので、
辛い便秘をすぐに解消してくれます。

◆整腸剤の効果
整腸剤は、お腹の調子が悪くなったときに使うもので、
便秘に特化した効果はありません。ただ、腸内細菌のバランスを整える作用があるので、
腸内環境を正常化してくれます。

主に、便秘に成り始めたときや、
便通がスムーズにいかなくなったときに効果を発揮します。

◆整腸剤の効果
機能性下剤は、
腸に刺激を与えて排出するのではなく、
便の状態を変えるタイプの便秘薬です。固くなった便を柔らかくしたり、
便の嵩(かさ)を増すことで排便しやすい便の状態にします。

機能性下剤は、
薬効によって塩類系下剤、膨張性下剤、糖類系下剤の3種類があります。
どのタイプも便の状態を改善させて排便を促すので、
負担が少ない便秘薬になります。

便秘薬は薬効成分によって、
症状を改善したり解消するもの。

そのため、少なからず体に負担をかけるため、
出来るだけ使わない方がいいと言えます。

それでも、便秘の症状によっては、
そのままにしておくと体に悪影響があるため
薬が必要なときもあります。

それに、便秘解消法はいろいろ提唱されているものの、
人によって体質や便秘の原因が全く違うので、
簡単には解消出来ません。

そのため、便秘に悩む人は増える一方です。

その需要にあわせて、
便秘薬もいろいろな種類が開発されています。

以前よりも、
より自分の便秘症状に合わせたものが選べますので
しっかりとご自分の症状を見極めた上で
適切な便秘薬をお選びください。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top