便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

小腸刺激性下剤の詳細は?

小腸刺激性下剤
下剤とは便秘の際に排便を促すために使用される薬剤です。

直接腸に作用し刺激を与える事で腸の働きを活発にするのが刺激性下剤で、
この刺激性下剤には作用する部位により、
大腸刺激性下剤と小腸刺激性下剤に分けられます。

通常、便秘薬として使用されているのは大腸刺激性下剤です。

では小腸刺激性下剤は、
どの様な時に使用するのかというと・・・

主に食中毒や急性腸炎などで腸内に入った毒素を
速やかに取り除く時に使われますが、
もちろん、便秘の時に使用しても大丈夫です。

刺激性下剤は強力な効果がありますが依存性があり、
長期間の使用は自力排便を妨げる事にも繋がりますから注意が必要です。

大腸刺激性下剤が服用後、
効果が出るまで6時間から8時間かかるところ、
小腸刺激性下剤は2時間程度で効果が表れます。

小腸刺激性下剤の詳細について

小腸刺激性下剤の主原料は
ヒマシ油やオリーブオイルなどです。
ヒマシ油

ヒマシ油とは

ヒマシ油は古くから下剤として利用されており、
また、様々な効能があるとされていたため、
薄めたヒマシ油を子供の頃に飲まされた経験がある人もいるのではないでしょうか。

昔はよく使われていたので家庭に常備されていたようですが、
現在では「どうやって手に入れたらいいかわからない」という人も見受けられます。

適量飲む事で効果が得られるヒマシ油ですが、
ヒマシ油湿布、ヒマシ油マッサージも効果があるようです。

デトックス効果もある事から、
ヒマシ油は自然派の生活を心がける人の間では有名であるようです。

下剤として使用するだけでなく、
昔から言われているヒマシ油の効能、
例えば打撲や捻挫などにも利用できる事から、
万が一の時に使えるオイルとして常備しておくのもいいかもしれません。

小腸刺激性下剤の注意点

小腸刺激性下剤はヒマシ油やオリーブオイルを使用する為、
安全だと思われがちですが・・・いくつか注意点があります。

まずは腹痛や嘔吐などの副作用が起こる可能性があり、
常用すると栄養の吸収を妨げる事があるので注意が必要です。

また、ヒマシ油は骨盤周囲の器官の充血を起こす為、
妊婦や生理中の人の使用は控えた方がいいでしょう。

さらに、痙攣性便秘の人にも向かない下剤ですから、
自分の症状に合わせて薬を選びましょう。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top