便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

漢方薬が最適?種類や効果について

便秘の漢方薬は?
多くの女性が悩んでいる便秘は、
つらく苦しいだけではなく、美容にも大敵な症状です。

便秘が長く続くと肌荒れやニキビなども引き起こします。

早めに対処して便秘解消を目指したいものですが、
頑固な便秘で“薬に頼らなければ解消できない”という人もいるでしょう。

薬を使用するなら、
漢方だったら体に優しそうだし良いのではないか!?
と考える人もいるでしょう。
タケダ漢方便秘薬

漢方とは言え、薬ですから
症状に合ったものを選ばなければなりません。

便秘だからこの漢方薬、というわけではなく、
「この症状だからこの漢方薬」という風に選びます。

漢方では便秘のタイプを大きく分けると

  • 熱タイプ
  • 気滞タイプ
  • 気虚タイプ
  • 血虚タイプ
  • 寒タイプ

の5つのタイプに分けられます。

各タイプの特徴や向いている漢方薬

~熱タイプ~
味の濃い物や辛い物が好きで、
便がウサギの糞のようにコロコロして乾燥したタイプ。熱タイプに良いとされる漢方は、桃核承気湯大承気湯など。
~気滞タイプ~
ゲップやおならが出やすいタイプ。気滞タイプには大柴胡湯加味逍遥散など。
~気虚タイプ~
疲れやすく排便してもすっきりしないタイプ。気虚タイプは小建中湯補中益気湯など。
~血虚タイプ~
めまいや立ちくらみが多く便がコロコロ乾燥しているタイプ。血虚タイプは潤腸湯麻子仁丸など。
~寒タイプ~
冷たい物が好きで寒がり、そしてトイレが近いタイプになります。寒タイプは桂枝加芍薬湯人参湯などが
代表的な漢方薬になります。

しかし、漢方は症状の見分け方が難しく、
素人が生半可に選ぶ事は出来ません。

実際には複数のタイプが合わさった症状がある場合も多い為、
ひとりひとりの体質や症状を見ながら選ぶのが大事です。

漢方薬の凄い所はひとつの症状を治療する事で、
その奥にある症状までも改善させる事です。

つまり便秘を解消するだけでなく、
身体の冷えが改善されたり、生理痛が軽くなったりなど、
体質改善にも効果を期待できるのです。

ですが、先ほども述べたように、
素人では漢方薬を選ぶ事は困難です。

必ず専門医の診断を受ける必要があります。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top