便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

マグラックスの詳細・効果や副作用は?

マグラックスマグラックスは、
吉田製薬という会社が製造販売している下剤です。

マグラックスは、胃酸を中和したり、
腸の水分吸収を抑制して便を膨張させます。

ですから、制酸剤としても効果がありますし、
便の状態を改善して排出をスムーズに促進するという効能も持っています。

そのため、便秘だけではなく、
胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの改善にも用いられます。

マグラックスの成分と種類
マグラックスの主成分は酸化マグネシウムです。
マグラックスは酸化マグネシウムの含有量によって種類があり、
マグラックス錠200mg、マグラックス錠250mg、マグラックス錠300mg。
マグラックス錠330mg、マグラックス錠400mg、マグラックス錠500mg、

マグラックス細粒83% の7種類になります。

どの種類を服用するかは、便秘の状態や改善したい疾患によって変わります。

マグラックスの用法容量
便秘薬として成人が使用する場合には、
1日3回、食前か食後に2gを服用するのが一般的です。

または、就寝前に1回、6g服用するという方法もあります。

ただし、容量に関しては、
年齢や便秘の症状によって違いがあるため、事前に確認が必要です。

また、制酸剤や尿路蓚酸カルシウム結石の発生予防として服用する場合だと、
用法容量が全く違うので注意してください。

マグラックスの副作用
主に、下痢や血清マグネシウム値の上昇というのが挙げられます。

これは軽度の副作用なので、時間がたてば自然に治っていきます。

ただ、体調や容量によっては、
高マグネシウム血症が引き起こされることがあります。

具体的には、嘔吐や吐き気、血圧の低下、筋力の低下、
喉の乾きなどの症状が現れることがあります。

こういった症状が出たら、
服用を中止して医師に相談してください。

下剤のタイプでは、緩下剤になるので、
刺激性下剤のような痛みが起こることは少ないでしょう。

その分効き目が緩やかになるため、
即効性がないこともあります。

でも、便の状態を改善して排便を促進するタイプなので、
体に負担をかけないという点では、理想的な下剤と言えますね。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top