便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

恐怖の依存症・・大丈夫ですか?その下剤

下剤を使う?
女性の多くが悩んでいると言われている便秘ですが、
便秘薬に頼るのではなく、
腸内環境を整えて自然な排便を促したいものです。

しかし、わかってはいても頑固な便秘が辛くて、
ついつい便秘薬のお世話になってしまうという人も多いのではないでしょうか?

下剤は使えばすぐに効果が表れる優れものですが、
長期間使用していると下剤を使用しなければ排便できない
依存症になってしまう可能性があります。

下剤の依存症とは?

市販されている便秘薬、
つまり下剤の殆どは腸を刺激して排便を促す【刺激性下剤】と呼ばれるものです。

しかし、その刺激は使うごとに慣れていき、
量を増やさなければ効果を得られなくなってしまいます。

さらに効果を得る為に薬を増やして・・と悪循環に陥ります。

また、下剤で便を出さないと不安になるという人や、
抑うつ状態に陥る人も少なくありません。

診察が必要に?自力排便が困難になった事の不安や恐怖、他人に相談しづらい事などで一人で抱え込んでしまう事が原因であると考えられます。

心療内科などの専門医に治療して貰わなければならないほどの人も少なからず存在しています。

そこまでではないにしろ、
薬を使用しなければ排便できないなどの依存症に身に覚えのある人は早急に対処をしなければ、どんどん便秘は悪化していきます。

そうならないためにも
今すぐしっかりした対策を行うことが大切ですね。

依存症になってしまったら?

依存症だと思われる人は長期に渡って下剤を使用しているので、
急に止める事は無理です。

食生活や生活習慣を改善しながら
薬の量を減らしていく事から始めましょう。

生活習慣改善の主な方法

健康的な生活

  • 朝起きたらコップ1杯の水を飲む
  • 食事は3食しっかり摂る
  • 野菜中心のバランスの良い食生活を心がける
  • 睡眠をしっかりとる
  • 運動をする

など、規則正しい生活を送りましょう。

食事は乳酸菌やオリゴ糖を取り入れたり、
色々工夫をしてみるといいでしょう。

続ける事で必ず少しずつでも改善していきますから
諦めずに頑張りましょう!

改善してきたら薬剤は少しずつ減らし、
最終的に下剤を使用しないでも自然な排便が出来るようにしましょう。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top