便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

水溶性食物繊維とは?食物繊維の秘密

水溶性食物繊維とは
食物繊維は便秘に良いと言いますが、
その他にも糖尿病や心筋梗塞、高血圧、大腸の病気、痔などの病気を
“予防する効果がある”と言われているのをご存知でしょうか。

食物繊維水溶性食物繊維不溶性食物繊維の2種類あり、
水に溶けやすいのが水溶性食物繊維で、溶けにくいのが不溶性食物繊維です。

この2つのどちらも便秘や健康に良い効果がありますが、少し働きが違います。

食物繊維というと不溶性食物繊維、つまり水に溶けにくく、
体内に入ってもほぼそのままの形で残っているイメージがありますが、
水溶性食物繊維は水に溶けやすく、体内に入るとゲル状になります。

そしてゲル状になった水溶性食物繊維は胃の中の食べ物を包み込み、
様々な効果をもたらすのです。

水溶性食物繊維の効果

水溶性食物繊維には、脂質や炭水化物の吸収を抑制する働きがあり、
ゆっくり吸収されるため糖質の吸収が緩やかで、
よって血糖値が急激に上昇するのを防ぎます。

そのため糖尿病予防効果があると言われているのです。

また、水溶性食物繊維には代謝や排泄を促す働きもあり、
腸の中でコレステロールと結合して速やかに体外へと排泄します。

これによりコレステロールを改善し動脈硬化や心筋梗塞を予防する事が出来ます。

更に水溶性食物繊維には保水性があり、
摂取した食べ物を腸内に長く留める事で腹持ちを良くする働きもあります。

その為、ダイエットにも向いていると言えるでしょう。

水溶性食物性には腸の中にある善玉菌の餌となり、
腸内環境の改善にも役立ちます。

腸内環境が良くなる事で便秘解消にもなります。

アナタの食生活は大丈夫?

現代の食事
現代の日本人の食生活は欧米化して肉中心の食事を多く摂取するようになり、
結果、野菜不足の人が多くなっています。

その為、日本人の殆どが食物繊維不足に陥っているのです。

食物繊維は肉類には殆ど含まれず、野菜や果物に多く含まれますので、
野菜中心の食生活を心がける事で食物繊維を多く取り入れる事が可能です。

ただ、
食物繊維を多く取ろうとして不溶性食物繊維だけを多く取っていると
かえって便秘が悪化してしまう事があります。

水溶性食物繊維も意識してしっかり摂るように心がけましょう。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top