便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

乳酸菌の働きと便秘への効果

乳酸菌はヨーグルトで?
乳酸菌とは、乳糖やブドウ糖を分解して乳酸を作り出す菌の事で、
腸内では善玉菌の代表格と言われている良質な細菌です。

乳酸は腸の中の有害な菌、
つまり悪玉菌の働きを抑える力がある為、
乳酸菌は重要な役割を持つ菌と言えます。

乳酸菌は腸内で、
善玉菌として整腸作用など便秘を改善させる働きをする一方、
免疫力を高めたり、アレルギーを和らげる作用など、
様々な健康効果を期待されています。

乳酸菌の働きは?

乳酸菌には様々な種類がありますが、
実は乳酸菌の殆どは胃酸や胆汁で死滅してしまい、
生きたまま腸まで届くのはごくわずかだと言われています。

また、仮に腸まで届いても腸内に留まる事が出来なければ、
十分に効果を発揮できないまま排出されてしまうのです。

ダノンビオは強い乳酸菌?
その為、多くのメーカーで強い菌の開発が行われており、
現在は多くの強い菌を持つ食品が出回るようになりました。

では通常の乳酸菌では生きたまま腸まで到達しないので、
全く効果が期待できないのかというとそうでもありません。

死滅した乳酸菌は腸に存在している善玉菌の餌となる為、
善玉菌を増やす効果があるのです。

乳酸菌が多く含まれる食品について

乳酸菌というと、すぐさまヨーグルトが頭に浮かぶと思いますが、
乳酸菌はヨーグルトだけではなく、様々な発酵食品に豊富に含まれています。
乳酸菌が多い食品は?
ヨーグルトやチーズなどの乳製品を始め、
みそやしょうゆなどの調味料、たくあんやキムチなどの漬物、
また、納豆や塩辛なども発酵食品です。

牛乳由来で作られる発酵食品に生息している菌は動物性乳酸菌といい、
漬物や味噌、納豆などの野菜や大豆などから作られる
発酵食品に生息している菌は植物性乳酸菌と言われています。

動物性乳酸菌は乳糖を分解して乳酸を作り出しますが、
植物性乳酸菌はブドウ糖や果糖などの様々な糖類を分解して乳酸を作り出します。

腸内環境を整えて便秘の改善を期待するのなら、
腸内の乳酸菌を増やす事が大事です。

食生活の乱れを正してバランスの良い食事を心がけるのが大切です。

また、ストレスも悪玉菌の増殖にかかわっています。

まずは食生活全体を見直して辛い便秘の解消に努めましょう。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top