便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

りんごがもっとも身近な便秘対策食品?

便秘に効果的な食品
栄養価が高く、健康に良いと言われるりんご。

りんごが便秘に効果があるというのも、意外によく知られていることですね。
りんごには、腸の働きを活発にするという働きと、硬くなった便を柔らかくする働きがあります。
つまり、病気による便秘意外なら、ほとんどの便秘のタイプに効果があるのです。
りんごが便秘に対して優れた効果を持つのは、りんごに含まれるペクチンという成分のおかげです。

ペクチンは、植物の細胞間粘着物質で、水溶性の食物繊維になります。
食物繊維は善玉菌の餌となるものですが、特にペクチンは善玉菌の大好物です。
また、ペクチンには腸内発酵を促進する働きもあるので、腸内を酸性に保ちます。
善玉菌が一番住みやすいのは、酸性の腸内です。
ですから、りんごを食べることで、善玉菌を効率よく増加させて腸内環境を改善することが出来ます。

腸内環境が整えば、腸の働きが活性化されて、排便を促進する蠕動運動も活発になります。
だから、便秘を改善することが出来るのですね。

そして、ペクチンは水溶性食物繊維ですから、便に取り込まれると、水分を吸収します。
例えば、大腸で水分を取られすぎて硬くなった便でも、再度柔らかくすることが出来るんです。
便が硬いと排出が難しくなりますが、柔らかくなれば、腸の中をスムーズに移動していきます。
だから、排出されやすくなり、便秘対策に繋がります。

便秘対策に効果的な食べ方は?

リンゴの効果的な摂り方は?
ただし、こういったペクチンの働きを得るためには、食べ方に工夫が必要です。

りんごのペクチンは、皮の部分に一番多く含まれています。

だけど、一般的にはりんごの皮を剥いて食べるので、ペクチンが少量しか摂取出来ません。
確かに、皮には農薬が付いていますが、しっかり洗えば皮を食べても問題ありません。
ですから、りんごを食べる時は、皮のまま食べるようにしましょう。
もし、皮が苦手という場合には、すり下ろして食べるといいですね。

ただ、擦りおろすと酸化がすぐに始まるので、茶色くなって見た目が悪くなり、食べる気になれないかもしれません。

だから、食べる直前におろすようにしてください。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top