便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

プルーンを食べてます?意外な効果とは

2b4956b0d307de8af81544b29844fcbd_s
プルーンは健康全般に効果があり、栄養価の高い果物として有名ですね。

ただ、日本ではあまり一般的に食べられるものではないので、便秘解消のためにプルーンを食べている方も少ないでしょう。

でも、プルーンは、ドライフルーツやジャムなどに加工されて、いろんなタイプがあります。

つまり、普通の果物よりも摂取しやすいので、意外に手軽な便秘解消食品でもあるのです。

プルーンが便秘対策に良い理由は?

プルーンには、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維には、水溶性と不溶性がありますが、このどちらのタイプも含んでいるのがプルーンの特徴です。

水溶性食物繊維は、腸に届くと、水分と溶け合ってゲル状に変化します。

このゲル状になった水溶性食物繊維が便と混ざると、便の重量が重くなります。
便が重くなると、その重みで腸が刺激されて蠕動運動を始めます。

不溶性食物繊維は吸水性が高く、水分を吸収するとどんどん膨らみます。
また、腸内の有害物質や老廃物、脂質なども吸着したまま、便と混ざり合います。

そして、そのまま排出されるので、悪玉菌の餌となる有害物質も排出されて腸内環境を整えてくれます。

この2つの食物繊維を含んでいるからこそ、便秘の改善効果が期待出来るのですね。

さらに、プルーンには食物繊維だけではなく、マグネシウムも豊富に含まれています。

マグネシウムは、便に水分を与えてくれる働きをします。

水分を吸収して柔らかくなった便は、排出されやすくなるので、便秘解消に繋がります。

ただ、プルーンは味にクセがあり、好き嫌いがはっきりしてしまうフルーツです。

ですから、これだけ便秘に効果があるとしても、なかなか摂取が難しいと言えます。

おススメの摂り方

4c9c1c6ae4934c0373f523ea0d9e3dbb_s
生で食べることがネックな場合、ドライフルーツ、ジャムや飲み物から摂るといいでしょう。

ドライフルーツは、刻んで料理に加えてもいいですし、そのままでも比較的食べやすい味になっています。

ジャムはヨーグルトに混ぜたり、原液は野菜ジュースや牛乳と割ったりすると飲みやすくなります。

ちょっと摂り方を工夫すれば、プルーンを効率よく摂取出来て、便秘対策していくことが出来ます。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

Return Top