便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

なぜ、妊娠中は便秘になりやすい?

今まで便秘とは無縁の生活を送っていた人でも、
妊娠してから便秘になってしまったという人は少なくありません。

なぜ妊娠中は便秘になりやすいの?

妊娠中の便秘対策は?【理由その1】:妊娠で便秘になりやすくなる理由には2つあり、
1つはホルモンの影響と言われており、
妊娠するとプロゲステロンという女性ホルモンが大量に分泌されますが、
このホルモンには腸の働きを抑える作用がある為です。

また、ホルモンバランスが変化すると自律神経にも影響を及ぼし、
神経の伝達がスムーズに行われなくなり
排便機能もうまくいかなくなるとも言われています。

【理由その2】:もう1つはお腹の中の赤ちゃんが大きくなっていく事で、
子宮が腸を圧迫してしまう為です。

腸の幅が狭くなり便が詰まったり、
腸の動きが悪くなる事で排便しづらくなります。

このような事から、
普段から便秘の人だけでなく便秘になった事がない人も
妊娠中は気をつけなければならないのです。

便秘になると妊婦さんは痔になったり
静脈瘤ができやすくなったりします。

また、ガスがお腹に溜まりやすくなり
お腹が張って苦しくなってしまいますから、早めの対処が必要です。

妊娠中の便秘対策法は?

妊娠中の便秘対策【ステップ1】:まず朝起きたらコップ1杯の水を飲み、
腸を動かします。

【ステップ2】:その後、朝食の後などの決まった時間にトイレに行くようにします。
※毎朝決まった時間に行くように習慣づけましょう。

【ステップ3】:水分もこまめに摂り、1日2リットル程度は飲むようにしましょう。

【ステップ4】:食事はバランスの良い食事を3食しっかり摂り、
食物繊維の多い食品や、乳酸菌などを積極的に摂取しましょう。

寒天やところてんなどは、
便の量を増やして腸内環境を整える効果が期待できるのでおすすめです。

【ステップ5】:身体を温める事は便秘予防、便秘対策に効果的ですから、
温かい飲み物を飲んだり、しょうがを使った料理を
摂るなどするといいでしょう。

また、あたたかい湯船に浸かって
ゆっくり体を温めるのも効果的です。

※夏場などはシャワーで済ませたいと言う人もいるかもしれませんが、
湯船に入ってしっかり体を温めましょう。

【ステップ6】:適度な運動も便秘の改善につながります。
冷たい飲み物
出来る範囲で構いませんから
エクササイズやウォーキングなどを行いましょう。

以上、
妊娠中の便秘対策は基本的な
生活リズム・食事・適度な運動に加え
「カラダを温めること」
が特に大切です。

夏場は特に冷やしがちですので
冷たいモノの取り過ぎ・クーラーでの冷やしすぎ
に気を付けて対策してみてくださいね!

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top