便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

悩み知らずの便秘対策 ~善玉菌達の働き~

便秘対策のポイント
便秘にならないための対策は
とにかく“善玉菌を増やすこと”がポイントになります。

腸内細菌の一種である善玉菌は、
腸内の健康を保つ大切な働きをしている菌です。

便秘対策に有効な善玉菌の種類

善玉菌にもたくさんの種類がありますが、
代表的なもので言うと、乳酸菌とビフィズス菌になります。

乳酸菌の特徴は、
酸素があってもなくても生育することが出来るということ。

そして、乳糖やブドウ糖によって繁殖していきます。

ビフィズス菌は、
逆に酸素があると生育することが出来ません。

ただ、生育に違いはあっても、
増やし方は共通しています。

善玉菌の増やし方は?

善玉菌を増やすための有効な方法は、
善玉菌に有効な栄養分を摂取するということ。

善玉菌のエサとなるのはオリゴ糖というものです。

オリゴ糖は、ビフィズス菌などの栄養源となる反面、
悪玉菌には何のメリットもないもの。

ですから、オリゴ糖をたくさん摂取することで、
善玉菌を増やすことが出来ます。

また、発酵食品には
善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が含まれています。
善玉菌を助ける食材
つまり、発酵食品を摂取することで、
ダイレクトに善玉菌が増やせるのです。

それに、善玉菌以外にも、
人体に有効的に働く微生物が含まれています。

この微生物の働きで、腸内環境が整えられるため、
さらに善玉菌が増えていきます。

善玉菌を活発化させるには?

善玉菌が腸で元気を保つには、

腸内を酸性にしておく必要があります

食物繊維は、大腸で分解されることで有機酸を作り出します。

そのため、腸内を酸性に傾くので、
善玉菌が住みやすく、悪玉菌が住みにくい環境にしてくれます。

すると、悪玉菌の働きが衰えるので、
善玉菌が増えやすくなるのですね。

ただ、いくら善玉菌を増やそうと努力しても、
悪玉菌を減らさないと効率よく増やすことが出来ません。

ですから、生活習慣を見直すことも必要です。

肉食中心の食生活だったりすると、
悪玉菌が増加する要因になります。

消化不良を起こすと、腸の中で消化しきれなかった腐敗物が、
悪玉菌のエサとなり増殖します。

他にも、ストレスや疲労なども悪玉菌の増える原因になったりするので、
同時に生活習慣の改善も行なっていきましょう。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top