便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

コロコロ便で解るアナタの腸内環境

腸の状態は?便秘対策をするには、腸内環境を正常にすることが大切といいますね。
だけど、腸内の状態がどうなっているのかなんて、普通だったら分かりません。
そんな分かりづらい腸内環境を判断出来るのが、便の状態なんです。

便の状態は日によって違う?

便は、常に同じ状態で出てくるとは限りません。
柔らかいときもあれば、硬いときもあるでしょう。
きちんと形成されている便もあれば、形がなく下痢のような状態の便のときもあると思います。
色だって、黄色っぽかったり、黒っぽかったりいろいろですよね。
この便の状態が、腸内環境を判断する目安になるのです。span>

便で判断できる腸の状態

腸内環境が整っていて、健康な排便が出来ている場合には、便の色は黄色に近い黄土色です。
固さは、柔かすぎず硬すぎず、形も整っていて、長さも適度にあるのが健康な便になります。
こういった便が出てきたら、腸内環境は整っていると思っていいでしょう。

ただし、便が硬い場合には、ちょっと注意が必要です。
と言うのも、便は大腸で水分を適度に抜かれることで、下行結腸で形成されます。
便が硬いということは、大腸に留まっている期間が長くなっているということ。
つまり、便秘になりかけているということですから、腸内環境が悪化し始めている可能性があります。

そして、硬いというだけではなく、その便がコロコロしていたら要注意です。

コロコロ便になるのはなぜ!?

コロコロ便この状態の便は、コロコロ便と呼ばれるもので、こういった便が形成されるのは、直腸に長い期間留まっているからです。
便が直腸にある程度の期間留まるだけなら、コロコロ便にはなりません。
でも、長期間留まっていると、水分がどんどん吸い取られて硬くなって、直腸の収縮が起きても動かなくなります。
だけど、直腸のヒダの上で便が動いて分割されていくので、小さなコロコロとした便になっていきます。
そして、他の内容物とともに腸の中を移動していき、コロコロ便となって排出されるのですね。

つまり、コロコロ便が出るということは、すでに便秘の症状が始まっているということ。
ですから、いくら排便出来ていたとしても、腸内環境はドンドンと悪化しているので、
すぐ、便秘対策に取り組むようにしましょう。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top