便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

便秘は大腸がんの原因!?

617900368ad5628a7790284e9a3ca221_s
よく、便秘を放っておくと大腸がんになると言われます。

たとえ、はっきりした根拠を聞かなくても、確かに大腸に便がずっと溜まっていたら、何かしらの悪影響がありそうですよね。

だから、便秘を長引かせると大腸がんになる、と思い込んでいる方も多いのではないでしょうか。

そのため、2日から3日便が出ないだけで、下剤や便秘薬を服用してしまう方もいるでしょう。

はっきり言って、便秘をすると大腸がんになると言われていることに、医学的根拠はありません。

ですから、便秘をしたからと言って、それが直接大腸がんの発症に繋がることはないのです。

これは、厚生労働省の研究班からも発表されていることです。
2007年の発表では、「便秘と大腸がんには因果関係はない」とされています。
厚生労働省から発表されるぐらいですから、因果関係はないと考えて間違いないでしょう。
こう聞くと、「ならガンになる心配はない」と思ってしまいますね。

ただし、便が長期間大腸に溜まったままだと、便が腐敗して有害物質を発生させます。

有害物質の中には、発がん性がある物質も含まれています。

そして、有害物質は腸壁から体内に吸収されていくので、当然発がん性物質も体内に取り込まれます。

もしも、体内の抵抗力が落ちていたり、免疫力が低下していたら、発がん性物質によってがんが発症する可能性もあるのです。

現代人の食生活には、便秘になりやすいものがたくさんあります。

消化されにくい肉類、栄養分を含まないジャンクフード、糖分や油分で味付けされた料理。
こういったものばかり食べていたら、便秘になりやすく、抵抗力のない不健康な体になっていきます。

不健康になるということは、それだけ病気のリスクが高まります。

厚生労働省の発表は、あくまでも「大腸がん」との因果関係がないということだけ。

つまり、因果以外の関係ならあるかもしれないのですね。

便秘が直接大腸がんの原因にはならないとしても、やはりリスクを高めることだけは間違いないと言えるでしょう。

恐ろしい大腸がんを煩うリスクを低下させるためにも、日頃から便秘対策をしておく必要がある

といっても間違いではないでしょう。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top