便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

ホントに怖い『間違った食事制限ダイエット』の弊害

食事制限ダイエット

女性にとって『美しくあること』は永遠のテーマ。スリムな体型に憧れて、せっせとダイエットに励む女性たちは本当に多いですよね。

さまざまなダイエット法の中でも誰でも着手しやすい食事制限ダイエットは、『太りたくなければ食べなければ良い』ということで、当たり前な風潮になってきています。

もちろんダイエットのためには、脂肪分や糖分を抑えるなど、ある程度の食事制限は必要になってきます。

ですがそれは正しい知識のもと、必要なだけの制限を加える場合です。

あなたの食事制限ダイエット、本当に大丈夫ですか……?

『食べてないのに・・』食事制限ダイエットで便秘が起こるワケ

食事制限ダイエットの中には、本来の『肥満の元となる食べ物の食べすぎをやめ、食生活を正しくする』ための食事制限ではなく、ただ『食べなければ痩せる』という安易な考えのものがあります。

一時期はやった、りんごや寒天など特定の食品だけを食べ続けたり、食事の回数や量そのものを極端に減らすようなダイエットをしたことがないでしょうか?

そのような極端かつ不適切な食事制限は、ダイエットどころか体にひどく負担がかかり、便秘の一因ともなるものです。

『たくさん食べてないないんだから詰まるほどの便はないはず、なのに何故便秘に?』と思うかもしれませんが、便が少ない=便秘にならない、ではありません。

もちろん食事量が少なければ便の量は少ないですが、人の大腸はある程度の刺激を受けないと活発に動くことができず、その刺激を与える役割を担っている要素のひとつが便の量なのです。

便の量が少ないと腸への刺激が少なくなり、腸の動きそのものが鈍ってしまいます。

また極端な食事制限によりお通じのリズムも狂ってしまい、一回の便の量は少なくとも便秘になってしまうのです。

偏った食事制限にばかりたよらず、必要なぶんはしっかり食べて、運動など他の方法も取り入れたダイエットに取り組みましょう。

特に安易な食事制限ダイエットに走りがちな思春期は、それをきっかけに慢性便秘(まんせいべんぴ)になってしまう人もいますし、成長のために体が栄養を欲しがる時期でもあり、食事制限だけのダイエットは厳禁です。

本来なら若さあふれる輝いている時なのに、必要な栄養が足りなくて肌も髪もボロボロ、便秘続きでいつも体調不良、なんてことになってしまいますよ。

ダイエットに下剤を使うのは絶対厳禁!

下剤禁止
食べることが大切なのはわかるけど太るのは嫌だ、という人の中には、『食べてすぐ下剤を飲めば、食べ物が消化吸収される前に外に出せるから太らない』なんてとんでもない考え方の人がいます。

これも一時期はやった、いわゆる『下剤ダイエット』ですが、下剤ダイエットは極端な食事制限以上に怖いもの。

本来下剤は、便秘の人が『どうしても』の時に使う、あくまでも『薬』です。

特に市販されている下剤は、大腸に強い刺激を与える刺激性下剤(しげきせいげざい)がほとんどで、もともと便秘の人ですらも、乱用していると下剤なしでは排便できない『下剤依存症(げざいいぞんしょう)』になってしまうほど、強い薬なのです。

それを本来なら下剤が不必要な、健康な腸の人が乱用したらどうなるか……正常だった排便リズムはめちゃくちゃに狂い、胃や腸にかかる負担も相当なもの。乱用を続けるともちろん行く先は下剤依存症です。

せっかく健康だった腸を自分の手でボロボロにしてしまうなんて、いくらダイエットのためとはいえそれは正しいことなのでしょうか?

ドラッグストアで気軽に買えるせいか、あまりそういう意識はないかもしれないですが、下剤だって立派な『薬』なのです。

正しいダイエットは便秘改善への近道

食事制限ダイエットはよくない、と言っても全てが悪いわけではなく、むしろ正しい知識のもとに食生活を見直すことはダイエットに不可欠なことです。

もちろん食事だけではなく、規則正しい生活をする、毎日の生活に運動を取り入れるなども必要なこと。

そうした『正しいダイエット』は美容のためだけでなく、実は便秘の改善にも大変よいものです。

脂肪分や糖分を抑えるために、間食をスナック菓子とジュースからフルーツを添えたヨーグルトにしたり、肉よりも魚中心の食生活に変更したり、野菜を多めにとったりしますよね?

体に負担なく痩せられる食事メニューは、腸内環境を整えるのに非常に向いていますし、適度な運動は腸に刺激を与えたり、排便に必要な筋肉をつけるのにとても有効です。

便秘に悩んでいた人が正しい知識でダイエットをしたら、いつの間にか便秘も治っていた、なんてことはわりとよくあること。

キレイになれておなかもスッキリできるなんて、女性にとってまさに一石二鳥ですね。

『カンタンな方法であっという間に痩せられる』ようなダイエットはありません。むしろ短期間で結果の出るようなものは、体のどこかを犠牲にしていますし、精神的にもつらいもの。

追い詰められて拒食症(きょしょくしょう)になってしまう人もいるくらいです。

ダイエットをするなら長期的なプランをしっかり立てて、心や体に負担をかけない方法で健康的にしたいものですね。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top