便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

健康な排便!その感覚を忘れていませんか?

3112e030bffc3cfc6f45350aded341b1_s
とりあえず、毎日便が出ているから、自分は便秘とは関係ないと思っている方も多いでしょう。

反対に、3日に1回ぐらいしか便が出ないので、自分は便秘だと思って悩んでいる方もいると思います。

便に関しては、情報が氾濫しすぎていて、どんな状態が便秘なのかを正しく判断することが出来なくなっています。

ここで間違ってはいけないのは、便秘は便の回数で決まることはないということです。

毎日便が出ていたとしても、その状態が悪ければ便秘かもしれません。

3日間空いても、きちんとした便が出ていれば、便秘じゃないかもしれません。

排便の感覚を覚えていますか?
子供の頃は、何気なくしていた排便。

多分、便秘に悩むことも少なく、便意をもよおしたらトイレにいって排便する、というのが当たり前だったと思います。

でも、大人になるにつれて、徐々に正常な排便が行われなくなり、今となっては健康な排便の感覚を忘れている方も少なくないでしょう。

もし、健康な排便の感覚を覚えていれば、例え3日に1回でも、自分は便秘じゃないと分かるはずです。

逆に、毎日排便していても、「この便はおかしい」と気づくはずですね。

健康な排便とはどんなものなのか。
医学的な定義はありませんが、基本的には、自然に便意が起きて、トイレに行ったら痛みもなく排便出来る。

これが、いわゆる健康な排便ではないでしょうか。

また、便の状態に関して言えば、食べ物などによって変わることはありますが、黄褐色でバナナのような便が健康と言えるでしょう。

腸内で長く留まっていると、少しずつ黒ずんでいくので、色が茶色かったり黒ければ、健康な便とは言えません。

固さは、柔かすぎず、硬すぎず、少しいきめば肛門に痛みを感じることなくするっと出る固さが健康的です。

これらの定義は、あくまでも目安であって、食べたものや状態によって変わることもあるでしょう。

だけど、とにかく、痛みを感じないで自然に排便出来るということが、健康な排便の基本です。

多少、便の状態に違いはあっても、自分が気持ちよく便が排出出来れば、それが健康な排便になります。

お通じが少ないからといって、あまり気にしすぎるのもよくありませんよ。

便秘対策を意識した生活を続けながら、ストレスを溜めないようにすることが大切です。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top