便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

便秘の種類・あなたはどのタイプ?

アナタはどのタイプ?

便秘は一括りに考えられがちですが、
一口に便秘と言ってもいろんな種類があります。

便秘を改善するには、
この種類に合わせた改善法を実践しなくてはいけません。

でも、多くの場合、
単純に便を出すことだけで解消しようとするので、
根本的な便秘の改善が出来ないのです。

便秘が改善出来なければ、体内環境は悪化の一途をたどります。

的確な改善方法を実施するためにも、
便秘の種類を知り、
“自分がどのタイプに当てはまるのか”をしっかり把握しましょう。

便秘の種類の詳細

便秘は、大きく分けると、
機能性便秘器質性便秘の2種類になります。

便秘に悩まされているほとんどの方は、
機能性便秘になります。

機能性便秘は、腸自体に異常があるわけではなく、
腸の働きが低下したり、その機能に異常があるときに起こる便秘です。

この機能性便秘は、
さらに急性便秘慢性便秘に分かれます。

急性便秘は、旅行や新生活など環境が変わることで、
一時的に起こる便秘です。

生活のリズムが変わったり、
摂取する食事内容が変わったりすることで、
腸の蠕動運動が弱まり、一過性の便秘が引き起こされます。

慢性便秘は、排便が週に3回程度で、
その状態が1ヶ月以上続く状態の便秘です。

慢性便秘の場合、その原因によって、

  • 弛緩性便秘
  • 痙攣性便秘
  • 直腸性便秘

 


の3種類に分けられます。

弛緩性便秘は、大腸の筋肉が緩んだり、
筋力が低下することで起こります。

筋肉が緩むと、腸の蠕動運動が低下して、
長時間、便が腸内に留まってしまい、
便が固くなって排便しづらい状態になります。

痙攣性便秘は、
自律神経の乱れによって引き起こされます。

ストレスや疲労が溜まると、
自律神経に影響を与えてバランスを崩してしまいます。すると、大腸の筋肉が緊張して痙攣をするため、
スムーズに排便出来なくなるのです。

直腸性便秘は、便意が我慢してしまい、
それが習慣化して腸の神経が鈍ることで起こる便秘です。

習慣性便秘とも言われる直腸性便秘でも、
腸内に便が留まるため、便が固くなり出ずらくなります。

いずれにしても、
一番多いのは慢性便秘のタイプなので、
自分に当てはまるタイプを見つけて、
改善方法をさがしていきましょう。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top