便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

腸内環境の知っておくべき常識とは?

腸内環境健康な腸は、
ピンク色でハリがあって、
ツヤもあります。

不健康な腸は、
全体的に黒ずんでいて、
弾力もなくくすんでいます。

もちろん、
普通は腸の状態を自分で見ることが出来ないので、
自分の腸の状態を把握するのは難しいでしょう。

でも、この腸の状態は、そのまま体に現れます。

健康な腸を持っている人は、
肌にハリもあり、元気いっぱいで活動的です。

何に対しても意欲的で、フットワークも軽く、
食欲も旺盛だと、腸も健康ということ。

不健康な腸なら、
肌がくすんでいたり、活力もなく、
年齢よりも老けてしまっています。

常に、体のどこかに不調を抱えていて、
虚弱体質になっている場合には、腸も不健康なのです。

つまり、健康でいるためには、
腸の状態も健康にしておかなくてはいけないのですね。

腸が健康になるか不健康になるかを左右するのが、
腸内環境です。

ですから、腸を健康にして体も健康にするには、
腸内環境を整える必要があるのです。

腸内環境とは、
善玉菌が優勢か、悪玉菌が優勢か?
によって決まります。

善玉菌が優勢なら、
腸内環境は正常で、
排便もスムーズに行えるので腸も健康になります。
逆に悪玉菌が優勢なら、
腸内環境は悪化して便が詰まってしまい、
腸には有毒ガスが溜まり不健康になります。

代表的な善玉菌は、
ビフィズス菌や乳酸菌です。

つまり、
ビフィズス菌や乳酸菌を増やすことが
腸内環境を整える、一番の方法になるのです。

まずは、善玉菌の餌となる食物繊維やオリゴ糖を、
たっぷり摂取しましょう。

また、これらの成分は、
便の嵩(かさ)を増したり、便を柔らかくするので、
排便のサポートもしてくれます。

そして、発酵食品は、
善玉菌を豊富に含んでいるので、
悪玉菌が優勢になっていても逆転することが出来ます。

このように善玉菌を増やして腸内環境を整えれば、
便を排泄しやすい状態になっていきます。

便がきちんと排出されれば、
腸を健康にすることが出来るので、
腸内環境を整えることは
自分の健康維持や促進のためにとても重要なのです。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top