便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

常在菌の豆知識・あなたの知らない腸の中

常在菌
腸内には、
300種類から500種類と言われる細菌が、
約100兆個、重さにすると約1.5kgも住んでいるのです。

この数や重さは、
痩せている太っているということは関係ないので、
ほとんどの場合、体重のうちの約1kgは
腸内の細菌の重さと思っていいでしょう。

これらの腸内の細菌を称して
「腸内細菌」、または「常在菌」と言います。

常在菌だと聞き慣れないかもしれませんが、
乳酸菌やビフィズス菌、大腸菌などは
よく耳にするでしょう。

ビフィズス菌や大腸菌は、
一般的に善玉菌や悪玉菌と言われますが、
すべて常在菌となります。

常在菌は、
ビタミンやたんぱく質の合成を行なったり、
消化しきれない栄養分を分解する働きを持っています。

つまり、
常在菌がないと、こういった働きを得られないため、
体に悪影響が起こります。

特に顕著に現れるのが肌で、
肌トラブルが起きたり、
酷くなるとアレルギーやアトピーが
引き起こされることもあります。

もちろん、
こういった影響がないまでも、
ビタミンやたんぱく質が合成されないと、
必要なエネルギーや栄養素を摂ることが出来ません。

また、栄養分が分解されなくては、
栄養として働かないので、体の不調や疾患に繋がります。

ですから、
常在菌はなくてはならないものなのですね。
悪玉菌のイメージ
常在菌には、
善玉菌と悪玉菌がありますが、

一般的なイメージでは
悪玉菌は全く必要ないと思われているでしょう。

確かに、悪玉菌が増殖して優勢になると、
毒素を排出して腸内環境を悪化させます。

でも、悪玉菌には、

有害物質を攻撃する働きがあったり、
ビフィズス菌のエサになるという役割を持っています。

悪玉菌が無くなれば、
有害物質が腸内に侵入してしまいます。

ビフィズス菌のエサも不足するので、
増殖することも出来なくなります。

つまり、
悪玉菌が優勢になるのは良くないことなのですが、
善玉菌が優勢でバランス良く存在している必要があるのです。

このように、
常在菌は本当に微妙なバランスを保ちながら、
腸の健康のために存在しているのですね。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top