便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

悪玉菌優勢が身体に及ぼす影響

悪玉菌は恐ろしい?
腸内環境を整えて、便を排出しやすくしたり、
腸が正常に働けるようにサポートする善玉菌。

そのま逆の働きをするのが悪玉菌です。

悪玉菌にはいろんな種類がありますが、
主に

大腸菌

ブドウ球菌

ウェルシュ菌

緑膿菌

などがよく知られていますね。

悪玉菌は、それぞれが持つ特殊な働きもありますが、
悪玉菌全体だと、次のような働きが挙げられます。

悪玉菌の(良くない)働き

  1. 腸内のタンパク質を腐敗させて、有害物質を産出する。
  2. 下痢や便秘を引き起こす。
  3. 腸内フローラを悪化させて、さまざまな疾患を引き起こす。

悪玉菌が優勢になると、こう言った働きが活発になるのです。

個々の働きだけで見ると・・・

大腸菌が増えると下痢や腹痛が起こります。

ウェルシュ菌は食中毒を引き起こしたりします。

このように、悪玉菌が優勢になってしまうことは、
腸内環境を悪化させるだけでなく、
健康に直接害を及ぼすのですね。

何故、悪玉菌が増えるのか?

肉食中心
最近の日本人の食生活は、肉類が中心になっています。

肉類には悪玉菌が多く含まれているので、
必然的に悪玉菌が増殖する条件が整ってしまっています。

それに、タンパク質の過剰摂取によっても、
悪玉菌は増えてしまいます。

また、善玉菌を優勢にするには、
食物繊維などをたくさん摂取しなくてはいけいません。

でも、野菜の摂取量が少ないために、
善玉菌のエサが足りないので、
腸内は悪玉菌が増えやすい環境になっています。

このように、
現代人は悪玉菌が増殖して
優勢になりやすい腸内環境なのです。

悪玉菌優性の影響

悪玉菌が優勢になると、
便を排出する働きをする善玉菌が減少するため、
便秘になります。

さらに、悪玉菌は便に対してだけではなく、
体にも悪影響を与えます。

【ポイント1】:腸内をアルカリ性にして食べ物のカスを腐敗させるため、
有毒ガスが発生して、それが体内にめぐります。

【ポイント2】:そのため、細胞の新陳代謝が乱れて、
細胞が劣化してあらゆる不調を引き起こすのです。

【ポイント3】:また、有毒ガスは毛穴や汗腺から排出されるため、
肌荒れを引き起こしたり、体臭がきつくなったりします。
また、発ガン物質を生成するため、ガンのリスクも高まります。

このように、
悪玉菌優性の環境が身体に及ぼす影響は
無視出来ないレベルです。

そうならないためにも
常日頃から食物繊維オリゴ糖など善玉菌が増えやすい
腸内環境を整える意識をしていかねばなりません。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top