便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

病院での便秘治療は対処療法!?

便秘外来
当サイトは便秘対策、
つまり即効性のある解消法ではなく
本当の意味での便秘体質の改善、対策に重きを置いてますが・・・

状態によって便秘対策は2の次、

「今すぐ解消したい!!」

といった便秘が余りにも辛く、何をしても解消出来ないという場合には、
病院での治療が必要になるでしょう。

「便秘ぐらいで!?」と思うかもしれませんが、
そんな状態の便秘を放っておくと大変なことになります。

単純に考えても、便が出ないでどんどん詰まっていくのですから、
そのままでは破裂してしまいます。

これは大げさではなく、
実際に便が溜まりすぎて救急車で運ばれた人も多数いますし
その原因で亡くなられた人もおられます。

ですから、便秘が続いて苦しくなったり、
嘔吐などの症状が出たら、病院で治療を受けるべきなのですね。

病院での便秘治療は?

病院で便秘治療を受ける場合、
いきなり下剤などを処方するのではなく、まずは検査をします。

検査をすることで、便秘を引き起こしている原因を探り、
重大な病気が隠れていないか?
などを確認します。

そして、検査の結果によって、

  • 生活習慣の改善
  • 食事指導
  • 運動療法
  • 便秘薬の処方


など治療方針が決定します。

治療方法は人によって違いますが、
基本的には自然に排便出来るようにステップを踏んでいくのが病院の治療です。

もちろん、緊急の場合には、浣腸をしたり、摘便をしたりします。

それ以外の一般的な便秘は、
生活習慣の改善がメインの治療法になります。

便秘改善治療の流れは?

便秘の診察
まず、重点的な指導を受けるのが食生活の改善です。

食生活によって、排便されやすい便と排便されにくい便に分かれます。

当然、排便されやすい便を作っていくことで、
便が出やすくなり、便秘改善に繋がります。

次に大事なのが、排便習慣を付ける指導になります。

これは、運動をきちんとする、
ストレスを溜めないなど生活習慣の改善にも繋がる指導です。

とにかく生活習慣を改善し、
便秘になる環境自体を改善するのが病院での治療になります。

便秘の状態に合わせて便秘薬が処方されるのですね。

こんな病院は!?

中には、いきなり腸内洗浄をしたり、
薬だけ処方するというところもあるでしょう。

でも、こういった治療はあくまでも対処療法で、
便秘が改善出来るのではなく便秘の症状を解消するだけですから、
治療とは言えないですね。

もちろん即効性はありますし、効き目も強いので、
すぐに楽になるというメリットはあります。

だけど、それでは病院での「治療」の意味がないので、
薬しか処方しないような病院は止めましょう。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top