便秘の真実 【対策が重要!】

便秘対策の流れ
便秘対策をしていくための具体的な手順は3つ 便秘対策手順

便秘と痔の関連性 ~原因ひとつは便秘?~

便秘で痔に!
痔とは、肛門の病気の総称で、いぼ痔、切痔、痔瘻(じろう)などに分けられます。
そして、それぞれの痔から、症状によってさらに細かく種類が分けられています。
比率で言うと、一番多いのは、内痔核、外痔核、脱肛と呼ばれるいぼ痔です。
次に多いのが、肛門やその周辺が化膿してしまう痔瘻
最後に、硬すぎる便を無理やり排出することによって、肛門が切れてしまう切痔になります。

それぞれの痔について

いぼ痔

いぼ痔は、直腸の周囲から肛門にかけて流れる細い血管がうっ血し、それが腫れて静脈瘤になったものです。
いぼ痔の原因は、ほとんどが血液の循環障害です。
痛みがほとんどないため、内痔核だと気がつかないことも多く、かなり進行していぼが大きくなってから気がつく人も多いようです。

痔瘻(じろう)

肛門腺にばい菌が入って、その感染によって肛門周囲潰瘍と言う膿が出来てしまうのが痔瘻です。
放っておくと、膿はどんどん大きくなっていって、肛門の外側に穴があいて、膿が外に出ていきます。

切痔(きれぢ)

切痔は、その名の通り、肛門が切れてしまう状態のことです。
硬い便を排出すると、硬さによって肛門の出口付近がきれてしまいます。
一度切痔になると、治ったとしても再発することが多いため、慢性化する方も多いようです。
また、慢性化すると肛門潰瘍が出来るため、肛門狭窄(こうもんきょうさく)が引き起こされることもあります

便秘と痔の関係

便秘と痔の関係
こういった痔を引き起こす原因の一つが便秘です。
便秘が原因になるのは、何も切痔だけではありません。
便秘を解消するためにいきんだりすると、肛門周辺に血液が集まります。

ちょっといきむだけなら問題ありませんが、かなり力を入れたり、長時間いきむと集まった血液によってうっ血が起きます。
だから、いぼ痔になることがあるのですね。

また、便秘になると悪玉菌が優勢になるので、肛門の粘膜がこれらの悪玉菌に感染して、痔瘻が起こることもあります。
痔は、発症するととても恥ずかしいものですし、切痔や痔瘻なら辛さも伴います。
特に女性は痔になりやすいく、さらに便秘になりやすいという体質も持っています。

ですから、たかが便秘とあなどらずに日頃から便秘対策を心掛けること。
煩っているならば早めに解消して、痔になってしまわないように気を付けてくださいね。

ス ポ ン サ ー ド リ ン ク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top